シェアハウスとは

 「シェアハウス」とは、日本では「ゲストハウス」とも呼ばれ、キッチンやリビング、シャワーなどは住人全員で共有(シェア)し、各入居者の個室以外は一つの家を複数の人と共有して暮らす住宅のことを言います。

 

 また、ルームシェアとは違い、シェアハウスには運営事業者が存在するのが特徴で、万一入居者同士でトラブルなどが起こった場合でも、一定のルールのもと問題を解決しますので入居する方も安心です。


 シェアハウスのメリットとして、礼金、保証人制度がないということ。家具はもちろん、テレビ、冷蔵庫、エアコンなどの電化製品や揃っていることが多く電子レンジ、洗濯機なども共用部に置いてあるなど、入居者にとってカバン一つで一人暮らしを始めることができるとても便利で効率的な賃貸住宅です。

 

 真田山ハウスでは、礼金、保証人制度がないのはもちろん、オーナー直営につき、仲介手数料もかかりません。

 

 また、家具については大きなソファやダイニングテーブルを備え、「必要最低限」ではなく、デザインやグレードなどにもこだわりを持ち、またテレビは50インチ以上の大型テレビ、電子レンジはウォーターオーブン「ヘルシオ」など、ワンルームなどでの一人暮らしでは、通常揃えることが難しい電化製品なども完備しております。